スマートフォン用の表示で見る

大久保一翁

一般

大久保一翁

おおくぼいちおう

大久保 一翁 / 大久保 忠寛(おおくぼ いちおう / おおくぼ ただひろ)は、江戸時代末期(幕末)の幕臣明治時代政治家東京府知事元老院議官・子爵

頭角を現す

文化14年(1817年)11月29日、西ノ丸留守居役旗本(五百石)・大久保忠向の子として生まれる。

第11代将軍・徳川家斉の小姓を勤め、天保13年(1842年)に家督相続する。老中阿部正弘に早くから見出されて安政元年(1854年)に目付・海防掛に任じられた。

その後も意見書を提出した勝海舟を訪問してその能力を見出し、阿部正弘に推挙して登用させるなどしている。安政3年(1856年)には軍制改正用掛・外国貿易取調掛・蕃書調所頭取などを歴任し、駿河奉行・京都町奉行などを務めた。

失脚

この頃、幕閣では第13代将軍・徳川家定の後継を巡る将軍継嗣問題で対立があり、安政3年(1857年)の阿部正弘没後に大老となった井伊直弼が始めた一橋派の弾圧である安政の大獄で、忠寛は直弼から京都における志士の逮捕を命じられた。しかし忠寛は安政の大獄には否定的な考えであり、直弼の厳しすぎる処分に反対した。このため、直弼に疎まれるようになっていく。

そして忠寛の部下に質の悪い者がおり、志士の逮捕で横暴を振るっているのを知って激怒した忠寛は、この部下を厳重に処罰したのだが、これが直弼から志士の逮捕を怠っているという理由にされて、奉行職を罷免させられた。

復帰

直弼没後の文久元年(1861年)、幕府より復帰を許されて再び幕政に参与する。そして外国奉行・大目付・側御用取次などの要職を歴任した。

政事総裁職となった福井藩主松平慶永らとも交友し、第14代将軍・徳川家茂にも仕え、幕府が進める長州征伐(幕長戦争)に反対し、政権朝廷に返還することを提案している。第15代将軍となった徳川慶喜にも大政奉還と、諸大名、特に雄藩を中心とした議会政治や公武合体を推進した。

慶応4年1868年)の鳥羽伏見の戦い後、若年寄・会計総裁に選出された。その後、新政府軍が江戸に向かって進撃してくると、勝海舟山岡鉄舟らと共に江戸城の無血開城に尽力した(→江戸開城)。その後、徳川家達に従って駿河に移住し、駿府藩の藩政を担当した。

明治政府では東京府の第5代知事、並びに政府議会政治樹立などに協力したが、もとは幕臣であったためか、政府とは常に距離を置いていたと言われている。明治21年(1888年)7月31日に死去。享年72。

人物

低身分(無役ではないが下級旗本)から出世した一翁は、実力ある官僚と評価され、松平慶永勝海舟ですら、敬服したと言われている。勝の出世の方途を開いたのが、一翁であり、元々は一翁は勝にとって上司に当たる。なので、勝にとっては、敬服というよりも、恩義がまずあり、後は、幕末時に共に政局混乱終息に動いた数少ない同志としての思いが強いといえる。勝の方が重要な政局に当たったため、一翁の名は勝ほど知られていない。

勝海舟山岡鉄舟らと共に江戸幕府の無血開城に貢献したため、「江戸幕府三本柱」といわれる。

幕府存続のため、大政奉還を前提とした諸大名による会議、つまり議会制の導入を早くから訴えるなど、先見の明を持っていた。

福澤諭吉と親交が深く、慶應義塾の維持資金借用を徳川家に相談しに行った。


なお、系譜上の先祖(この時代は養子相続が多い為)は、松平清康松平広忠徳川家康の三代に仕えた蟹江七本槍の一人大久保忠俊(ただし、数多い三河大久保氏の中にあって冷遇され、子孫からは1万石以上の大名を輩出していない)。