大久保潔重

社会

大久保潔重

おおくぼゆきしげ

日本の政治家歯科医師1966年3月12日生まれ。長崎県諫早市出身。長崎大学歯学部卒業。小沢一郎政治塾一期生。

大学卒業後、歯科医師として東京などで病院に勤務。その後、福岡市博多区で町医者として地域歯科医療に携わる。2003年に長崎県議会議員出馬し、初当選。2005年に第44回衆議院議員総選挙長崎県第2区から出馬し、惜敗。2006年に長崎県議会議員補欠選挙に立候補して当選。2007年に第21回参議院議員通常選挙長崎県選挙区から出馬して当選。2013年の第23回参議院議員通常選挙にて、自民党新人の古賀友一郎に大差で敗れ、落選した。その後、2015年4月12日の長崎県議会議員選挙諫早市選挙区無所属出馬して当選した。