スマートフォン用の表示で見る

大久保忠教

読書

大久保忠教

おおくぼただたか

1560年〜1639年

戦国武将。徳川家臣。通称は大久保彦左衛門。著書「三河物語」でも知られる。

大久保忠員の子で大久保忠世の弟に当たる。

1576年の遠州乾の合戦が初陣。以後、家康・秀忠・家光の徳川3代に仕える。

1613年の大久保忠隣改易後に千石取りの旗本となる。

1632年には二千石に加増されている。