大久保忠世

社会

大久保忠世

おおくぼただよ

天文元年(1532年)〜文禄3年9月15日(1594年10月28日)

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。徳川氏の家臣。三河額田郡上和田の大久保氏の支流である大久保忠員の長男

三方ヶ原の戦い長篠の戦い武功を挙げるなどして活躍し、蟹江七本槍および、徳川十六神将の1人に数えられている。