大橋鎮子 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

大橋鎭子

おおはししずこ

大橋鎭子は、日本の編集者、エッセイスト暮しの手帖社社主・元社長。

1920年3月10日生まれ、東京府出身。

1937年東京府立第六高等女学校卒業。日本興業銀行に入行し、調査課に勤務する。

3年で退行し、日本女子大学入学するが1年で肺結核となったため、学業を断念し中退。

静養ののち、日本読書新聞入社、編集部に所属した。

1946年花森安治、妹の大橋晴子?・大橋芳子?、さらに後に大橋晴子と結婚する横山啓一とともに、『衣装研究所』を銀座設立。社長となって、雑誌『スタイルブック』を創刊。

1948年、花森を編集長として『美しい暮しの手帖』(後の『暮しの手帖』)を参加。

1951年、社名を「暮しの手帖社」と変更。

1969年からエッセイ『すてきなあなたに』を同誌に連載。

1978年、花森の死去を受けて編集長となる。

1994年、「戦後の一般の人の暮しを豊かにした」として第10回東京都文化賞を受賞。

2004年、横山泰子に社長を譲り社主となる。

2013年3月23日、肺炎のため死去、93歳没。

2016年度前期放送のNHK連続テレビ小説とと姉ちゃん』では、大橋鎭子をモデルとしたヒロイン、小橋常子を高畑充希が演じ、12歳で父親を亡くしたヒロインが母親と妹2人を「父(とと)」代わりになって養い、「暮しの手帖社」をモデルにした「あなたの暮らし社」を創業する物語がフィクションとして描かれた。