スマートフォン用の表示で見る

大空のサムライ

読書

大空のサムライ

おおぞらのさむらい

日本の書籍名。第二次世界大戦時、ゼロ戦の操縦士として活躍した 故 坂井三郎氏の自著戦記。

予科練への入隊への挑戦から書き綴られる本書は、戦記ものではあるが、優秀なゼロ戦のパイロットとしての冷静な目で見たドッグファイトの技術的な書でもあり、はるか南方で消えていった戦友へのメッセージでもある。

世界中で翻訳されている。