大隈半島

地理

大隈半島

おおすみはんとう

鹿児島の南から延びる半島のうちの右の方。左の薩摩半島とともに、鹿児島湾を囲い込んでいる。

もともとは文字通り島だった桜島と地続きになっている。

東には志布志湾があり、肝属川などが注ぐ。

先端の佐多岬は九州最南端。温暖な気候で、ソテツなどが自生する。