スマートフォン用の表示で見る

大原数馬

読書

大原数馬

おおはらかずま

丹波篠山城主、池田家の御典医をつとめた甲賀忍者

幕末に近い寛政元年(1789年)、大原数馬は、忍者衰退を憂いて嘆願書と忍術本(万川集海など)の献上品をもって江戸に出て将軍に訴えたが受け入れられなかった。