スマートフォン用の表示で見る

大江戸打ち水大作戦

一般

大江戸打ち水大作戦

おおえどうちみずだいさくせん

都内にいる100万人が一斉に打ち水をすると2℃気温が下がるという推計を検証する市民参加型イベント。

現在では全国各地でも行われている。→keyword:打ち水大作戦参照

ヒートアイランド現象と打ち水作戦

ヒートアイランド現象とは、都市部の気温が郊外と比較して高くなる現象。冷暖房の増加による人工排熱の増加や、建築物や道路舗装の増加などが原因として挙げられる。

そこで打ち水によって温度を下げようというのが「打ち水作戦」である。

2003年の「大江戸打ち水大作戦」の結果によれば、打ち水をした直後、どのポイントでも確実に1度以上温度低下したという。また、多くの人が「体感温度も下がった」と報告している。

1平方メートルあたり1mmの散水で、地上気温にして2℃以上は低下すると予測されている。


以下は2003年度の概要

Webで参加登録をするか、携帯電話から0825@uchimizu.jpにからメールを送ることで参加者にカウントされる仕組み。

決行日

(晴れたら)8月25日(月)正午(雨天曇天順延)

作戦本部長

尾田栄章(第3回世界水フォーラム事務局長)

参加団体

NPOアースデイマネー・アソシエーション

NPO渋谷川ルネッサンス

NPOピースフルエナジー

NPO第3回世界水フォーラム事務局(他)