大剛鉄之助

スポーツ

大剛鉄之助

だいごうてつのすけ

プロレスラー

本名は栄田幸弘。

1942年3月10日生まれ。仙台市出身。

174cm、95kg。

1966年大相撲のニ所ノ関部屋から東京プロレスに入門。デビュー当時は仙台強のリングネームで活躍。

国際プロレス移籍後、改名。気性が荒く、日本側に不利な判定が下った場合などはレフェリーに突っかかる場面がよく見られた。

その気性を見込まれてか?マッドドッグ・バション?に連れられ、初の海外遠征。トーキョー・ジョーのリングネームカナダ一帯を荒らしまわるが、サーキット中の事故で片足切断を余儀なくされ、引退。

その後、ジョー大剛と改名しIWAカナダ支部長となりブッカーとして活躍。国際プロ崩壊後は、新日本プロレスの支部長に就任し、ブッカー兼若手の育成係として手腕を発揮している。


リスト::プロレスラー