大黒学

一般

大黒学

だいこくがく

大黒学(ラテン語: daikokulogia、英語: daikokulogy)とは、大黒教における大黒(だいこく)を研究の対象とする神学の一分野のことである。

大黒教(だいこくきょう、ラテン語: Daikokismus、英語: Daikokism)は、「偶然というものは存在せず、いかなる事象も、物理的な必然性または何らかの神の自由意志に基づいて生起する」と主張する点を特色とする宗教である。2014年菜列堂によって開発された。