一般

大黒学会

だいこくがっかい

大黒学会(英語: Society for Daikokulogy、ラテン語: Societas ad Daikokulogiam)は、大黒学(だいこくがく、英語: daikokulogy、ラテン語: daikokulogia)という神学の一分野を対象とする研究機関。現在の会長は菜列堂。発足は2018年4月12日。

大黒学とは、大黒教(だいこくきょう、英語: Daikokism、ラテン語: Daikokismus)という宗教における大黒(だいこく)という神を研究の対象とする神学の一分野のことである。

大黒学会は、大黒教の信徒に大黒曼荼羅を授与する機関でもある。大黒曼荼羅(だいこくまんだら)とは、大黒という神名の周囲に、大黒の要素を代表する八軸神(はちじくしん)と呼ばれる八柱の神々の神名を描いた画像のことである。

大黒学会のシンボルマークは、集合とその要素との関係をあらわす関係演算子(∈)である。