スマートフォン用の表示で見る

大坂夏の陣

社会

大坂夏の陣

おおさかなつのじん

徳川家が豊臣家を滅ぼした戦い(大坂の陣)。

慶長20年・元和元年(1615年)夏、大坂冬の陣の講和条件において、大坂城外堀が埋められる際に約束違反で内堀まで埋められて丸裸にされた豊臣方に対して、さらに強硬な恭順案を提出した徳川方に反発して行われた。

5月6日の戦いで後藤又兵衛木村重成が討ち死に。

5月7日の戦いにおいて真田幸村隊などの諸隊は二度にわたって徳川本陣の襲撃に成功し、徳川家康に迫る戦功をあげたが、真田幸村は討ち死に。毛利勝永は大坂城に退いた。その大坂城も焼け落ちた。

5月8日に豊臣秀頼淀殿は自害。大蔵卿局大野治長、毛利勝永、真田大助らは殉死したと伝わる。