スマートフォン用の表示で見る

大坂夏の陣

一般

大坂夏の陣

おおさかなつのじん

1615年(慶長20年)春、大坂冬の陣の講和条件において、外堀が埋められる際に約束違反で内堀まで埋められて丸裸にされた豊臣方に対して、さらに強硬な恭順案を提出した徳川方に反発して行われた戦い。

基本的に豊臣方の滅亡に向かうための戦いだったが、この戦いにおいて真田幸村率いる隊は二度にわたって徳川本陣の襲撃に成功し、徳川家康の命が助かったのは運が良かっただけといわれる戦功をあげ、これがそのまま『真田十勇士』の伝説となった。