大阪南港

地理

大阪南港

おおさかなんこう

木津川 - 大和川間の住之江区に位置する。主に埋め立てにより造成され、尻無川の延長線上まで大きくせり出している。戦後本格化した埋め立ておよび造成により、弁天埠頭に代わるフェリーターミナルコンテナ埠頭を設けた。その後、南港水路以北の人工島である咲洲では「南港ポートタウン」の名称のもとで団地建設が進み、相愛大学などの学校、商業施設、公園、なにわの海の時空館がオープンした。

関連

大阪港国際フェリーターミナル