大山祇命

一般

大山祇命

おおやまづみのみこと

大山祇命は、記紀神話に登場する山をつかさどる神である。

古事記では大山津見神と記す。

古事記では、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子とされ、足名椎(あしなずち)・手名椎(てなずち)や木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)(木花開耶姫)の父であり、天津神(あまつかみ)に対する大地の国津神(くにつかみ)として登場する。