大山綱良

社会

大山綱良

おおやまつなよし

日本の江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代政治家

戊辰戦争では、奥羽鎮撫総督府の下参謀として活躍。その後、初代鹿児島県令などを歴任した。しかし、西南戦争では西郷軍に官金を提供し、西郷軍の敗北後、その罪を問われて逮捕され東京へ送還された後に長崎で斬首された。