大室寅之祐

一般

大室寅之祐

おおむろとらのすけ

南朝の子孫と自称していたために、長州藩が睦仁親王を暗殺した際にかわりにこっそりとすげかえたとされる長州田布施の人。後の明治天皇とされる。

天皇の職務中にわがままを言うと「元の身分に戻しますぞ」などと長州閥の政治家に脅されたりした(らしい)。

否定派の意見

……というトンデモな説を、弁護士で異色歴史家である鹿島昇氏が1997年に著書「裏切られた三人の天皇」(ISBN:4915157849)の中で提唱し、世間に広めた。ネット上ではこれを信じている人も多い。