大松博文

スポーツ

大松博文

だいまつひろぶみ

バレーボール指導者。元参議院議員。別名「鬼の大松」。

1921年2月12日生まれ、香川県綾歌郡宇多津町出身。

坂出商業高校から関西学院大学を経て、大日本紡績貝塚女子バレーボール部監督に就任。

スパルタ式の練習で日本一へ導く。

1961年ヨーロッパ遠征で全勝。「東洋の魔女」と呼ばれる程に成長させた。

1962年世界選手権でも優勝。

1964年東京オリンピックで、全日本女子バレーボールチーム金メダルに導いた。

その後、電通へ入社。

1968年には自民党から参議院選挙(全国区)に出馬し当選。同期当選に、石原慎太郎青島幸男横山ノックらがいる。

1978年11月24日に心筋梗塞により逝去。

2000年、アメリカにあるバレーボール殿堂入りも果たした。