スマートフォン用の表示で見る

大森寿美男

アート

大森寿美男

おおもりすみお

脚本家映画監督

1967年8月3日神奈川県生まれ。

1997年脚本家デビュー。

2000年、「泥棒家族」「トトの世界〜最後の野生児〜」が評価され、史上最年少で向田邦子賞を受賞。

2007年、「風林火山」で大河ドラマの脚本を手掛ける。

2009年、映画「風が強く吹いている」で監督デビューを果たした。

映画