スマートフォン用の表示で見る

大人

社会

大人

おとな

1.【体】成人期による成熟した身体

2.【紳士・淑女】精神的大人。今日ではEQ(心の知能指数ほかSQ(社会性),PQ(想像力))が高いともいう。それを立派な大人に喩えられる。

 大人の所作:『道も席も 譲るが価値(勝ち)』人様に一歩控えめであり、それが周りに良い影響を与え、その人の喜びが自分も幸せとなって返ってくるものである。

 大人とは他人の痛みが分かることである。

大人とは人と支え合い、助け合いの精神が重要だと分かっている。

 聖書には、『人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。』と大人の姿が真理として明言されてある。

 仏教では『他人に負けず嫌い』はエゴであり、『“自分に”負けず嫌い』が正しい。それは、人を見下すのではなく利己的考え、悪の誘惑に勝つことを意味する。

『競争よりも 協力のほうがずっと大切よ』これはスタートレックボイジャーの一言でありジェントルな表現が知られる。


3.【過保護】(過干渉)子供の可愛さに負け、必要以上に物を与えたり、親が子の云うことに従ったりし過ぎるために、親の威厳が無くなり子供に下に見られる現象である。

 そんな子供が大人になれば、自己中心的な大人になるのである。周りの助けに依存ばかりする大人になる。また、 他人の苦労など理解もできなくなり、容赦なく人を扱ったりと薄情になるため、結局は周りから遠ざけられる人生になるのである。

 精神的大人になるには子供の時には酷でも、苦労させることは必要不可欠のようである。必要以上に甘えさせてはいけないのである。 親は愛する子のため涙をのんで試練を与える『獅子は我が子を千尋の谷に落とす』とも喩えられる。