スマートフォン用の表示で見る

大正琴

音楽

大正琴

たいしょうごと

1912年(大正元年)、名古屋在住の森田吾郎(本名 川口仁三郎)が発明した楽器。

2弦の小型の琴に簡単な鍵盤がついた構造で、キーを左手で押さえ、右手のピックで弦をはじいて演奏する。

楽譜は独自の数字譜で表記され、演奏が比較的簡単なことから愛好者は多い。

「たいしょうこと」「たいしょうきん」とも読まれる。