大川平三郎

社会

大川平三郎

おおかわへいざぶろう

(万延元年10月25日(1860年12月7日) - 1936年(昭和11年)12月30日)

明治から昭和初期の実業家。「日本の製紙王」と呼ばれ、「大川財閥」を築いた。江戸時代の剣豪で農民の出ながら武蔵国川越藩の剣術師範となった大川平兵衛は平三郎の祖父にあたる。