大村直之

スポーツ

大村直之

おおむらなおゆき

プロ野球選手(外野手)

1976年2月13日生まれ。兵庫県西宮市出身。O型。左投左打。

2年目の1995年に110試合に出場し中堅手として一軍に定着する。1998年には武藤孝司?との俊足一・二番コンビとして定着、オールスターにも出場し、本塁打も記録。

その後打率がやや低迷し、一部ファンや応援団と揉めたりもしたが、2001年には16本塁打を放ち、1番打者としてバファローズリーグ優勝に貢献した。足は速いのだが、とっさの判断が苦手で盗塁数も少ない時期があった。また、日本シリーズで手袋を外している時に牽制球でアウトになるなど、時々ポカもやらかす。それでも強打者ぞろいの近鉄外野陣でレギュラーを守り続けていたのは、打撃だけでなく守備の貢献も大きかったからだろう。

現在も不動の1番打者として活躍。俊足・守備の名手としてチームを牽引。

経歴

年度所属背番号備考
1991-1993育英高校-甲子園出場あり。3年夏に全国制覇
1994-2004近鉄バファローズ
(99年より大阪近鉄バファローズ)
60→71993年ドラフト3位
2005-2008福岡ソフトバンクホークス7FA宣言
2009-オリックス・バファローズ6村松有人との交換トレード