スマートフォン用の表示で見る

大隊

一般

大隊

だいたい

Battalion

陸軍部隊の編制上の一単位。連隊の下で中隊の上にあたる。以下、代表となる歩兵大隊について記述する。


通常は2〜6個までの中隊によって構成される。兵員の頭数としては500〜1000人程度。

基本的には一人の指揮官が戦闘全体を直接指揮できる限界とされる。よって戦術の基盤となる単位であり、重視されることが多い*1

一般的には少佐か中佐*2大隊長となる。大隊長軍隊の中でやりがいのあるポジションとされることが多いのは、「現場」と直接に管制するポジションとしては最上位であり、かつ、指揮系統的には上と下の数が釣り合っている*3からである。

*1:ただし、陸上自衛隊には歩兵大隊(普通科大隊)は存在しないが

*2:要するに、佐官だが大佐ではない人

*3:兵士〜大隊と大隊〜軍の結節数が釣り合う