スマートフォン用の表示で見る

大沢啓二

スポーツ

大沢啓二

おおさわけいじ

プロ野球選手・監督。 本名「昭」。 旧名「昌芳(まさよし)」。

通称「大沢親分」「親分」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は15→60→86番。

1932年3月14日生まれ、2010年10月7日没。神奈川県出身

神奈川商工高校から立教大学を経て、1956年南海ホークスに入団。守備の名手として活躍。

1965年東京オリオンズに移籍。同年、現役引退。

1966年より、オリオンズのコーチ・二軍監督を歴任

1971年濃人渉監督の解任に伴い、シーズン途中からロッテオリオンズ2代目監督に就任。

1972年、退団。

退団後、RFラジオ日本野球解説者を経て、1976年から日本ハム・ファイターズの3代目監督に就任。

1981年、多くの選手を入れ替え、チームを初のパ・リーグ優勝に導く。

1982年も半期優勝に輝いた。

1984年に監督を辞任。球団常務となる。

1993年、再びファイターズの監督を務める。

西武包囲網に呼応し、西武ライオンズと激しく優勝争いを展開した。

1994年、最下位に沈み、責任を取り辞任。*1


監督通算725勝は歴代17位。


なお、監督時の背番号86番は、準永久欠番*2となっている。


現在は野球解説者として活躍。

また、社団法人全国野球振興会理事長を務め、OBを中心とした活動に積極的で、

マスターズリーグを発案するなど野球の普及にも尽力。

モルツ球団の監督を務める。

TBSサンデーモーニング内の「週刊御意見番」のコーナーで、御意見番として張本勲と共に、スポーツ界の選手や出来事に遠慮なく喝を入れ人気を博した。

2010年10月7日胆嚢癌のため逝去。78歳没。

大沢清、大沢紀三男?を兄に持つ。

大沢あかねは孫。

*1:外野席のファンに向かって土下座をしたことで知られる。

*2ファイターズ史上、86番を着用したのは大沢のみ。