大沢昇

スポーツ

大沢昇

おおさわのぼる

極真時代、本名の藤平昭雄として、黒崎健時中村忠とともにムエタイに挑む。大山倍達総裁をして「知っている限りで一番稽古をしたのは藤平だ」と言わしめたという。

その後、キックボクサー大沢昇として、全日本バンタム級の初代王者となる。

現在は、東京の千石で「大沢食堂」を経営している。