スマートフォン用の表示で見る

大沢清

スポーツ

大沢清

おおさわきよし

プロ野球選手。 本名「伸夫」。

右投右打、ポジションは投手一塁手外野手背番号は4→3→5番。

1916年12月1日生まれ。神奈川県出身

神奈川商工から國學院大を経て、1937年名古屋軍に入団。投手として活躍後、野手に転向。

1950年大洋ホエールズ創立に伴い、移籍入団。45二塁打を放ち、当時の日本プロ野球記録を樹立。

1952年石本秀一の要請で広島カープに移籍。1953年、6安打で1試合最多安打の記録樹立。

右打の名人、ワンバウンド捕球の名手。そして「当時三本の指に入る」という鈍足で知られた。

1954年、現役引退。

1960年國學院大の野球部監督に就任。1965年より文学部講師として教鞭をとった。

1977年、退職。


2005年7月14日、膵臓がんのため茨城県茨城町の病院で逝去。


大沢紀三男?大沢啓二の長兄。弟と同様に親分肌で知られた。