スマートフォン用の表示で見る

大竹敏之

読書

大竹敏之

おおたけとしゆき

名古屋在住のライター。1965年愛知県常滑市生まれ。

関西の私大を卒業後、名古屋の出版社に就職。レジャー誌などの編集を担当。3年後にフリーライターとして独立。

地元情報誌の他、全国区の雑誌にも名古屋および周辺情報を発信。

1997年、初著作として地元タウン誌の連載『名古屋真相追Q局』を単行本化。

2004年、2冊目の単行本『東海発バカルト紀行』(風媒社)を出版。異色のB級スポット探訪記として注目を集める。

また、浅野祥雲研究をライフワークとしている。