大竹夕魅

スポーツ

大竹夕魅

おおたけゆみ

女子サッカー選手。旧名は大竹由美。現役時代のポジションはフォワードミッドフィルダーウイングバック)。

1974年7月30日生まれ。東京都町田市出身。

元日本代表選手の大竹七未大竹奈美)は双子の姉。夫は元サッカー選手の三浦淳宏である。


姉の奈美とともに8歳でサッカーを始め、1989年に14歳で読売ベレーザ(現・日テレ・ベレーザ)に入団。主にウイングバック日本女子サッカーリーグ1990年〜1992年3連覇に貢献するなど、姉の奈美とともに活躍した。1991年U-21日本女子代表

1992年、18歳の若さで現役引退

2003年5月まで2年間、東京MXテレビサッカー中継リポーターなどで活躍。

2003年、サッカー選手の三浦淳宏と結婚。フジテレビ系「ジャンクSPORTS」では、夫を「アツくん」と呼ぶなどおノロケ話を披露した。

2009年7月、名前を大竹由美から「大竹夕魅」に改名した。

2011年1月16日、第1子(長女)を出産。