スマートフォン用の表示で見る

大塚英志

読書

大塚英志

おおつかえいじ

編集者、漫画原作者小説家、評論家。また、国際日本文化研究センター研究部教授なども務める。

1958年生まれ。筑波大学文学類卒業。日本民俗学専攻。

まんが誌フリー編集者を経て、その後は、まんが原作者やジュニアノベルズ作家、評論家として活躍。『まんがの構造』(弓立社刊、1987年)、『Mの世代 ぼくらとミヤザキ君』(太田出版刊、1989年)『少女民俗学』(光文社刊、1989 年)など著作多数。80年代末、都市に暮す子どもの文化を、民俗学的に考察した評論活動で注目される。

サブカルチャーおたく文化の視野からの評論・社会時評が注目され、『多重人格探偵サイコ』でも脚光を浴びる。

著作

評論*1

▼ 2007年

▼ 2006年

▼ 2005年

▼ 2004年

▼ 2003年

▼ 2002年

▼ 2001年

▼ 2000年

▼ 1996年

▼ 1994年

▼ 1993年

▼ 1992年

▼ 1991年

▼ 1990年

▼ 1989年

▼ 1988年

▼ 1987年

フィクション

▼ 2006年

▼ 2005年

▼ 2004年

▼ 2003年

*1文庫化にあたる加筆などについては、厳密なテキストクリティークを経ていないので注意してください

*2:「「伝統」とは何か」の改訂版。内容が異なるため別個に扱う

*3:後に「公民民俗学」として内容を改訂して作品社より単行本化。内容が異なるため、別個に取り上げる

*4:後に朝日文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*5:後に朝日文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*6:後に角川文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*7:後に角川文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*8:後にちくま学芸文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*9:後に内容を増補して、角川文庫文庫化される。ISBNコードはそちらをあげる

*10:後に朝日文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*11:後に文春文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*12:後に角川文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*13:後に「人身御供論―通過儀礼としての殺人」と副題を変えて、角川文庫文庫化される。ISBNコードはそちらをあげる。

*14:後に「『りぼん』のふろくと乙女ちっくの時代―たそがれ時にみつけたもの」と改題されて、ちくま文庫文庫化される。ISBNコードはそちらをあげる

*15:後に光文社文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*16:「定本 物語消費論」として、増補されて角川文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*17:後にちくま文庫文庫化。ISBNコードはそちらをあげる

*18:後に増補新版。ISBNコードはそちらをあげる