大塚晶則 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

大塚晶文

おおつかあきのり

日本のプロ野球選手。ポジションは投手

1972年1月13日生まれ、千葉県千葉市花見川区出身、AB型、右投右打。

横芝敬愛高等学校東海大学日本通運を経て、1996年ドラフト2位で近鉄バファローズ入団。当時の背番号野茂英雄のつけていた「11」。当時の登録名は現在と同じ「大塚晶文」だった。

初年度の1997年は、中継ぎながら82回1/3を投げて127奪三振を記録し、バファローズの「新・ドクターK」の異名を取った。

1998年には当時リリーフエースの赤堀元之が出遅れたためストッパーに回り、赤堀復活後もストッパーとして定着。3勝2敗35Sと優勝争いに貢献する。なお35Sは当時のパ・リーグ新記録。

1999年は右肩痛で開幕に出遅れるが、2000年から2002年までは毎年20S以上を記録。また、1998年から2002年まで毎年投球回数を上回る奪三振数も記録し続ける。2001〜2002年はバファローズ選手会長を務めた。

2002年にメジャー行きを希望し、シーズン終了後にポスティングシステムを取るも、入札球団なしという結果に終わる。2003年、大塚と近鉄球団の間の交渉がこじれ*1キャンプにも不参加。結局、球団が大塚側代理人の主張に負けた形でシーズン開幕直前に中日移籍で妥協し、近鉄球団はプロ野球の秩序をまた一つ乱したとして非難されることとなった。

このシーズンより、登録名を「大塚晶則」に変更する。シーズン終了後、再びポスティングでの移籍を目指したところ、サンディエゴ・パドレスが30万ドルで落札し、2年契約で入団した。

2004年はセットアッパーとして73試合に登板し、7勝2敗2Sの好成績を残した。

2006年1月4日、テキサス・レンジャーズへ移籍。

2006年のWBCワールド・ベースボール・クラシック)優勝メンバーとなった。

2007年7月9日に右肘を痛め故障者リスト(DL)入りしたままシーズンを終え、オフには球団側から契約延長の申し出がなくFAとなった。

2008年以降は怪我の影響で無所属の状態が長く続く。

2013年に信濃グランセローズへ移籍、日本球界へ復帰。登録名は近鉄時代の「大塚晶文」に戻す。

2014年信濃グランセローズにおいて投手兼任で監督に就任。同年、現役引退。

2015年中日ドラゴンズの二軍投手コーチに就任。

*1:大塚側は球団のメジャー売り込みにルール違反があった、球団側は大塚がプロ野球選手の代理人として認められていない人物を代理人に立ててきたという見解。