スマートフォン用の表示で見る

大坪砂男

読書

大坪砂男

おおつぼすなお

小説家(1904年(明治37年)2月1日〜1965年昭和40年)1月12日)

本名:和田六郎。

略歴

東京牛込生まれ。東京薬学専門学校卒。

処女作は雑誌「苦楽」海外版に掲載された「三月十三日午前二時」。

1948年佐藤春夫の勧めによって書いた「天狗」を「宝石」誌に発表し、センセーションを巻き起こした。

1949年に「宝石」誌に掲載した「涅槃雪」と「私刑」により、翌年第3回探偵作家クラブ賞を受賞し、江戸川乱歩山田風太郎高木彬光香山滋島田一男と並んで、戦後派五人男と呼ばれた。

晩年は不遇で、柴田錬三郎プロットを売って暮らしていたとのこと。

1965年に赤貧のうちに肝硬変胃癌のため死去。

1972年には、都筑道夫澁澤龍彦の編集により、薔薇十字社(後に出帆社)から全2巻の全集が刊行された。

代表作

・天狗

立春大吉

私刑

・男井戸女井戸 等