スマートフォン用の表示で見る

大田区

地理

大田区

おおたく

東京都大田区は、東京都特別区のひとつで23区の最南端に位置する。

面積は60.42km² *1 *2、人口は707,842人*3

1947年3月15日、大森区蒲田区合併して設立。「大田」は大森と蒲田から一文字づつ取った合成地名である。

区内にはかつて松竹キネマ蒲田撮影所があった。現在は「大田区民ホールアプリコ」となっており、地下のロビーに模型があるだけとなっている。

また大森貝塚があり、JR大森駅ホーム中央には縄文式土器の形をした石碑が立っている。

羽田空港の沖合展開により、東京23区内で最も大きな区となった(2位は世田谷区)。

*1:中央防波堤内側埋立地(中潮橋北側)1.64km²は所属未定

*2:中央防波堤外側廃棄物処理場(中潮橋南側)2.01km²は所属未定

*32014年12月1日現在