大田卓司

スポーツ

大田卓司

おおたたくじ

プロ野球選手・指導者。通称「仕事人」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は44→25番。

1951年3月1日生まれ。大分県出身。

津久見高校で1967年センバツに出場し、優勝。

1969年ドラフト9位で西鉄ライオンズに入団。

1976年太平洋クラブライオンズにて指名打者として一軍定着。同年、ベストナインに選出。

「仕事人」の異名を取り、個性的な打撃フォームで人気を博した。

指名打者として定着、西武ライオンズ4度のリーグ優勝に大きく貢献。

ライオンズ黄金時代の形成に貢献した。

1986年、現役引退。

3度の身売りが行われる中、ライオンズ一筋であった。


1990年福岡ダイエーホークスの打撃コーチに就任。

ガムが好きで、コーチ時代はベンチでガムを噛んでいる姿がよく見られた。


1996年、フロント入り。

2000年、退団し西日本スポーツ野球解説者となる。


2003年、台湾プロ野球La Newベアーズの監督に就任。2004年、退団。

2005年、西日本スポーツ野球解説者に復帰。

2007年、韓国プロ野球SKワイバーンズの打撃コーチに就任。

2008年、東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチに就任。