スマートフォン用の表示で見る

大田南畝

読書

大田南畝

おおたなんぽ

1749.03.03-1823.04.06

江戸中期の戯作者.別号には蜀山人・四方赤良など.江戸生まれ.

生家は御徒を勤める幕臣であったが,平賀源内との出会いを契機として,19歳で狂詩集『寝惚先生文集』を出版.以後,狂歌・洒落本・黄表紙などで活躍した.

軽妙な笑いと機知によって広く歓迎され,天明期を制するが,寛政の改革に抵触して断筆.以降は役人としての仕事に專心して大坂長崎に出役したが,その後も文名は衰えなかった.