大島康徳

スポーツ

大島康徳

おおしまやすのり

プロ野球選手・監督。

右投右打、ポジションは投手三塁手外野手一塁手背番号は40→5→11番。

1950年10月16日生まれ。大分県出身。

元々はバレーボールの選手。

中津工業高校から1968年中日ドラゴンズの入団テストを受け合格し、ドラフト3位で入団。

投手として入団したがすぐに打者転向。3年目の1971年に1軍初出場。

翌年右翼手として出場するが、定着には至らず。

8年目の1976年、代打での起用に無類の勝負強さを発揮しシーズン代打本塁打7本の日本記録を樹立。

翌年も調子を持続させ、三塁手として打率.333、27本塁打1979年には30本の大台を越える36本塁打

強竜打線4番打者として、1982年リーグ優勝に貢献。

1983年、再び36本塁打を放ち本塁打王に輝く。


1988年、大宮龍男・田中富生?との2対2の交換トレードで、曽田康二?と共に日本ハム・ファイターズに移籍。

移籍後も4番打者として活躍。

1990年8月21日、通算2000本安打達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録*1だった。

1992年、控えに回る。

1993年ファイターズの主将に就任。代打の切り札として活躍した。

1994年、現役引退。

2000年、日本ハム・ファイターズの監督に就任。熱血振りが話題となった。

2001年、退団。


現在はNHK野球解説者を務める。

また、マスターズリーグ名古屋エイティディザーズの選手として活躍。


2006年、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の打撃コーチに就任。

*1:後に新井宏昌落合博満が更新。