大東亜共同宣言

社会

大東亜共同宣言

だいとうあきょうどうせんげん

太平洋戦争中、連合国大西洋憲章に対抗することを目指して、1943年11月に日本、ビルマ満州南京政府、タイ、フィリピンインドの各代表を集めた大東亜会議において発せられた共同宣言。各国の自主独立、各国提携による経済発展、人種差別撤廃を謳う内容であった。

東亜会議 「大東亜宣言

前文

抑々世界各国が各其の所を得、相倚り相扶けて萬邦共栄の楽を偕にするは世界平和確立の根本要義なり

然るに米英は自国の繁栄の為には他国家他民族を抑圧し特に大東亜に対しては飽くなき侵略搾取を行ひ大東亜隷属化の野望を逞うし遂には大東亜の安定を根底より覆さんとせり、大東亜戦争の原因茲に存す

東亜各国は相提携して大東亜戦争を完遂し大東亜英米の桎梏より解放して其の自存自衛を全うし左の綱領に基づき大東亜に建設し以て世界平和の確立に寄与せんことを期す

本文

一、大東亜各国は協同して大東亜の安定を確保し道義に基く共存共栄の秩序を建設す

二、大東亜各国は相互自主独立を尊重し互助敦睦の実を挙げ大東亜の親和を確立す

三、大東亜各国は相互に其の伝統を尊重し各民族の創造性を伸暢し大東亜文化を昂揚す

四、大東亜各国は互恵の下緊密に提携し其の経済発展を図り大東亜の繁栄を増進す

五、大東亜各国は萬邦との交誼を篤うし人種差別撤廃し普く文化を交流し進んで資源を開放し以て世界の進運に貢献す

http://www.mirai-city.org/ithink/history/ww2a.html