大東京軍

スポーツ

大東京軍

だいとうきょうぐん

東京府に本拠地を置くプロ野球チーム。

横浜ベイスターズの始祖の一つ。

沿革

1936年國民新聞を母体に大東京軍として結成される。

監督は当初永井武雄が務めるが、成績不振で解任後は伊藤勝三を選手兼任で監督とする。

しかし、成績は低迷、さらに資金難で経営に苦しむ。

1937年、ライオン歯磨本舗をスポンサーに迎えチーム名は「ライオン」(ライオン軍)となる。