スマートフォン用の表示で見る

大日本帝国海軍

一般

大日本帝国海軍

だいにっぽんていこくかいぐん

戊辰戦争時、新政府によって編成された海軍が母体となり発足した、大日本帝国海軍組織。第二次世界大戦終戦まで存続。

Imperial Japanese Navy(IJN)

明治期は、日清戦争日露戦争での戦勝に大きく寄与し、特に、日本海海戦海戦史上に残る戦闘となった。

大正期以降は、米英海軍と大建艦競争を繰り広げ、ワシントンロンドン海軍軍縮条約に関わる統帥権干犯問題などでは、政党政治の衰退も相まって、シビリアンコントロールからの逸脱傾向を強めた。

第二次世界大戦太平洋戦争)では、開戦劈頭こそ真珠湾攻撃マレー沖海戦などで圧倒的な勝利を収めたものの、ミッドウェー海戦以降、南太平洋戦線で米海軍との消耗戦に突入し、物量的に劣る弱点を露呈することになる。

終戦によって海軍は解散したが、警察予備隊海上自衛隊の創設時に、旧海軍の士官兵が多く参加しており、その名残が今でも「金曜カレー」などの習慣に見られる。