大日本野史

読書

大日本野史

だいにほんやし

日本の江戸時代末期に書かれた歴史書後小松天皇から仁孝天皇までの21代の帝王の治世を紀伝体で記したものである。国学者飯田忠彦によって執筆された。