大寧寺の変

社会

大寧寺の変

だいねいじのへん

日本の戦国時代の政変の1つ。1551年周防を拠点とした戦国大名大内義隆が家臣の陶隆房(後の陶晴賢)の謀反により自害させられた事件である。