スマートフォン用の表示で見る

大樋焼

アート

大樋焼

おおひやき

石川県金沢市に伝わる楽焼をルーツとした陶器で、茶陶を中心としており、加賀藩に保護され伝わった。

現在残る楽焼の脇窯としては唯一の存在。

ろくろを使わず手びねりで作られる。

色彩は飴、黒、緑、白などで、特に飴色の釉が特色。絵を描くことは稀である。

特徴は、「口当たりが柔らかである」、「手で受ける感触が良い」、「大樋の飴色とお茶の緑色が美しく調和する」、「保温力に富む」、「軽くて温かみがある」など。


大樋焼に関する、はてなブックマーク