スマートフォン用の表示で見る

大富豪

ゲーム

大富豪

だいふごう

トランプゲームの一。別名「大貧民」「ど貧民」。

3人以上多人数で行う(5〜6人が一般的)。

1970年代の東京生まれらしく、その歴史の浅さから非常にローカルルールが多いことで知られる。

基本ルール

カードの強さ

カードにはその数字によって「強さ」が決められている。

弱← 3<4<5<6<7<8<9<10<J<Q<K<A<2<joker →強

なおスート(カードの記号のこと。スペード♠・ハート♥・クラブ♣・ダイヤ♦)の違いは強さと関係しない。

カードの出し方

カードは1枚ずつ出す他に、同じ数字のカードを複数枚まとめて出す「ペア」(「二枚線」・「三枚線」)という出し方もある。ただし親が最初に出した後は、場が流れるまでは親の出し方に従わなければならない。

二枚の場合を二枚線、三枚の場合を三枚線と呼んだりする。

ジョーカー

ジョーカーは最強のカードである。

また、オールマイティカード(ワイルドカード)でもあり、他のカードの代わりとしても使える。その場合、強さは代わりとしたカードと同じになる。(例:5・5のペアに対し7・jokerと出すことができる)

ゲームの進行

ジョーカーを含む全てのカードを全員に均等に配り、プレーを開始する。ジョーカーは1枚でも2枚でも(あれば3枚以上でも)良い。

何らかの方法で最初の親を決め、ゲームをスタートする。場の親は好きなカードを1枚以上、好きな出し方で場に出すことができる。次の人以降は、前の人が出したカードより強いカードを、親と同じ出し方で出していく。

場にカードを出せなくなったとき、あるいは出したくないときは、ゲーム中何度でもパスすることができる。1回パスするとその場ではカードを出す権利を失う場合もある。最後に出した人以外の全員がパスしたら、場が流れ、最後に出した人が次の親となる。

最初に全てのカードを捨てきった人が上がり、勝者となる。以降、最後の一人になるまでゲームは続行される。最後までカードを捨てきれなかったプレイヤーが敗者となる。

カードの授受

ゲームの勝者は「大富豪」となり、そのゲームの敗者を「大貧民」とする。人数が多い場合、2番目の勝者を「富豪」、ブービーを「貧民」とし、その他は「平民」となる。4人の場合は平民が無いか富豪・貧民が無く、逆に7人以上の多人数ではもっと階層を増やす場合がある。

次のゲームのカードが配られたら、大富豪は好きなカード2枚を大貧民に渡し、大貧民は一番強いカード2枚を大富豪に渡す。これを「税金」または「献上」と呼ぶことがある。大富豪は必ずしも一番弱いカードを渡さなくてもよいが、大貧民は、最も強いカードを渡さなくてはならない。同様に、富豪と貧民は1枚ずつ交換をする。

2ゲーム目以降は大貧民からスタートし、大貧民→貧民→平民→富豪→大富豪の順でゲームを進行する。順番が固定されるのは大貧民だけの場合もある。


これらを何回か繰り返し、最終的に大富豪となった人が優勝となる。


ローカルルール

冒頭で述べた通りローカルルールは非常に多く、ここにはわかっている一部を示す(追記求む)。

関連サイト


アンケートはてなによるアンケート結果:ローカルルール採用の状況

トランプゲーム「大富豪」のルール、あなたがプレイ時に採用しているルールはどれ? http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c2%e7%c9%d9%b9%eb

革命(4枚組を出すとカードの強弱逆転)/シークェンス無 47
革命/シークェンス有 34
ジョーカー一枚での上がり禁止 57
8流し(8を出すと場が流れる) 30
都落ち(大富豪が一位で上がらないと大貧民に) 25
ジョーカーより強いスペードの3/場が流れる。 12
ジョーカーより強いスペードの3/場は流れない 13
スート縛り 18
勝ち切り 10
2上がり禁止 36
シークェンス(階段) 19
その他、いわしまでカマン! 9