スマートフォン用の表示で見る

大福茶

大福茶

おおぶくちゃ

梅干や結び昆布などの入ったお茶。

関西地方で、お正月のお祝い茶として飲まれる。

起源

天暦5年(951年)、空也上人が疫病の流行に際して梅干しの入ったお茶を病に苦しむ人々に振る舞うと、疫病は下火となり、その後村上天皇も正月にこのお茶を服用したという。村上天皇が飲んだことにより、“皇服茶”の名前がつき、“皇服茶”は幸福と関連づけて「大福」の文字が当てられるようになったとされるが、名の由来は諸説あるようだ。