スマートフォン用の表示で見る

大分県立看護科学大学

一般

大分県立看護科学大学

おおいたけんりつかんごかがくだいがく

[英] Oita University of Nursing and Health Science

大分県立看護科学大学は、大分県大分市に本部を置き、公立大学法人大分県看護科学大学が運営する公立大学

1998年4月開設。

看護学部看護学科のみを有する単科大学

大学院修士課程・博士課程)として、看護学研究科の下に、看護学専攻と健康科学専攻もある。

沿革

1998年4月、看護学部看護学科からなる県立単科大学として開学(学部入学定員80名、3年次編入定員10名)。

1998年7月、ケースウェスタンリザーブ大学と学術交流協定を締結。

1998年9月、ペース大学と学術交流協定を締結。

1999年9月、ソウル大学校看護大学と学術交流協定を締結。

2002年4月、大学院看護学研究科修士課程(博士課程前期)を開設。

2003年7月、セミパラチンスク地域医療改善計画プロジェクト(JICA)に参加。

2003年9月、文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」に選定。

2004年4月、大学院博士課程後期を開設。

2004年4月、看護研究交流センターを開設。

2004年7月、ウズベキスタン看護教育改善プロジェクト(JICA)に参加。

2006年3月、大学評価・学位授与機構による大学評価基準を充たしているとの認証を受ける(看護単科大学で初)。

2006年4月、独立法人化して公立大学法人となる。

2006年4月、大学院修士課程助産学コースを開設。

2007年4月、文部科学省「大学教育の国際化推進プログラム」に選定。

2008年4月、大学院修士課程NP(Nurse Practitioner)養成コースを開設。

2008年9月、看護研究交流センターに認定看護師コース(訪問看護)を開設。

2009年4月、大学院修士・博士課程に健康科学専攻を開設。

2010年4月、大学院修士課程管理者コースを開設。

2011年4月、大学院修士課程に広域看護学コースを開設。

2013年4月、大学院修士課程管理者コースをリカレントコースへ名称変更。