スマートフォン用の表示で見る

大平晋也

アニメ

大平晋也

おおひらしんや

アニメーター

かつてはエフェクトに優れたメカアニメーターであったが、『AKIRA』への参加を機にリアル系作画に傾倒。『御先祖様万々歳!』、『THE 八犬伝』、『おもひでぽろぽろ』、『ユンカース・カム・ヒア(パイロットフィルム)』などに参加。

中でも自身が絵コンテ、演出、作画監督湯浅政明と共同)を努めた『THE 八犬伝 新章』4話は濃度の極めて高い作品であり、アニメ作画を語る上では欠かせない存在のひとつ。

その後一時期アニメ業界から離れるが、PS2ゲーム『BLOOD THE LAST VAMPIRE』で復帰。

以降は『ANIMATRIX』内「KIDS STORY」、『キルビルアニメーションパート)』、『イノセンス』、『ハウルの動く城』などに参加。

近年では単なるリアル系にとどまらないダイナミックな表現を見せる。

持ち味である独特の線を残すためIG内部で「大平晋也対策本部」が作られる程。