スマートフォン用の表示で見る

大目付

一般

大目付

おおめつけ

江戸時代幕府の役職の1つ。大名や高家、朝廷を監視する役割を担っていた。また、諸藩にも大目付に類する役割の役職が置かれることがあり、藩内を監視する役割を担っていた。