スマートフォン用の表示で見る

大野慶人

アート

大野慶人

おおのけいじん

舞踏家。1938年東京に生まれる。

1959年土方巽の「禁色」で少年役を演ずる。以後、アルトー館、暗黒舞踏派公演に参画。1969年リサイタルのあと舞台活動を中断。85年「死海」の大野一雄との共演でカムバックした。86年以降大野一雄の全作品を演出。1998年、郡司正勝氏の遺稿を基に自身のソロ作品「ドリアン・グレイの最後の肖像」を上演。

著書に「大野一雄 魂の糧」(フィルムアート社)。