大野東人

一般

大野東人

おおののあずまんど

奈良時代の武将。天武13年大野朝臣姓を賜う。

陸奥国(東北地方)に鎮守将軍として赴任し、多賀城を創建する。

蝦夷政策に功あり、また陸奥出羽間の街道整備にも尽力した。

中央政府に召還されると、征西将軍に任じられて藤原広嗣の乱を鎮圧した。

従三位天平14年没。