スマートフォン用の表示で見る

大野伴睦

一般

大野伴睦

おおのばんぼく

政治家(1890-1964)。自由民主党初代副総裁

本名は伴睦を(ともちか)と読む。

東海道新幹線岐阜羽島駅を誘致したことでも有名*1で、駅前には銅像が残る。なお、国鉄樽見線(現在の樽見鉄道)の建設にも関わり、線路どころか工場*2まで誘致したことは意外に知られていない。(keyword:我田引鉄

「政治は義理と人情だ」の名言を残す。

現役時代の番記者には渡邉恒雄がいた。

*1:実情は異なる。詳細は「岐阜羽島駅」の項を参照。

*2:野沢石綿セメント→住友セメント→大阪住友セメント